薬局の窓口でお薬手帳の説明を励行することで、「かかりつけ薬局」の普及を推進

総務省 >九州管区行政評価局 >行政苦情救済推進会議

「薬局の窓口でお薬手帳の説明を励行することで、「かかりつけ薬局」の普及を推進
- 行政苦情救済推進会議の意見を踏まえたあっせん -」、平成29年9月19日.

行政相談の要旨:

最近になって、昨年4月から、医療機関受診後、処方せんにより薬局で薬を受け取ると
きに、お薬手帳を持参しないと薬剤服用歴管理指導料が安くならないことになっているこ
とを知った。薬剤服用歴管理指導料を取られること自体にも納得がいかないが、これを
取るというのであれば、薬局の窓口で手帳を持参しているかどうかを確認するだけでなく、
お薬手帳を持参しないと薬剤服用歴管理指導料が安くならないことをきちんと説明する
ようにしてほしい。

 

参照元)

総務省 (URL) >九州管区行政評価局 (URL) >行政苦情救済推進会議 (URL)