薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 平成28年 年報

公益財団法人 日本医療機能評価機構:「薬局ヒヤリ・ハット事例収集・分析事業 平成28年 年報」、平成29年11月20日.

参照元)公益財団法人日本医療機能評価機構 (URL)

Ⅲ 薬局ヒヤリ・ハット事例の分析

【1】名称類似に関する事例

【2】一般名処方に関する事例

【3】後発医薬品への変更に関する事例

【4】ハイリスク薬に関する事例

-抗凝固剤に関する事例-

【5】疑義照会に関する事例

【6】「共有すべき事例」の再発・類似事例

-充填間違いに関する事例-

【7】退院時等に継続された処方に関する事例


【3】後発医薬品への変更に関する事例

図表3-6「調剤すべき後発医薬品」と「間違えて調剤した医薬品」の組み合わせ (p132)

#シルニジピン #シンバスタチン

#ブロチゾラム #クロチアゼパム

#エチゾラム #トリアゾラム

#バルサルタン #カンデサルタン

#グリベンクラミド #グリクラジド

#セフジトレンピボキシル #セフカペンピボキシル塩酸塩 #セフジニル

図表3-11 同じ成分だが先発・後発の関係ではない医薬品の組み合わせ (p137)

#サラゾスルファピリジン腸溶錠500mg #サラゾスルファピリジン錠500mg

#テオフィリン徐放錠200mg(12~24時間持続) #テオフィリン徐放錠200mg

(24時間持続)