110回 看国試 A96

(連問)A さん (20歳、男性)急性白血病の疑いで入院、急性骨髄性白血病と診断された。化学療法にて寛解し、造血幹細胞移植を行うことになった。

96 造血幹細胞移植後、生着が確認された。皮膚に StageI の移植片対宿主病を発症したが、免疫抑制薬の内服を継続しつつ退院することになった。
A さんの退院に向けた看護師の指導で正しいのはどれか。2つ選べ

  1. 「皮膚の状態がよくなれば免疫抑制薬は中止してください」
  2. 「加熱していない魚介類を食べるのは避けましょう」
  3. 「インフルエンザワクチンの接種は避けてください」
  4. 「直射日光に当たらないようにしましょう」
  5. 「入浴は最小限にしてください」

クリックして回答を見る 2. 「加熱していない魚介類を食べるのは避けましょう」 4. 「直射日光に当たらないようにしましょう」 免疫抑制薬の内服を継続中であり、易感染性であることに伴って必要な指導内容。