110回 看国試 A40

40 A さん (63歳、男性) は、右肺癌で化学療法を受けていたが、右腕を動かしたときに上腕から肩にかけて痛みが生じるようになった。検査を行ったところ骨転移が認められ、疼痛の原因と判断された。WHO 3段階除痛ラダーに基づいてがん疼痛のコントロールを開始することになった。

この時点で A さんに使用する鎮痛薬で適切なのはどれか

  1. 非オピオイド鎮痛薬
  2. 弱オピオイド鎮痛薬
  3. 強オピオイド鎮痛薬
  4. 鎮痛補助薬

クリックして回答を見る 1. 非オピオイド鎮痛薬 (補足)公式に発表されている正答では、1が答えとされていますが、個人的には、現在は、適切ではないのかなと考えます。 3段階除痛ラダー 1段階目:非オピオイド鎮痛薬‥アセトアミノフェン・NSAIDs 2段階目:非オピオイド鎮痛薬+弱オピオイド 3段階目:非オピオイド鎮痛薬+強オピオイド (以前)軽い痛みには1段階目から。効果が足りない場合は、1段階ずつ増加。 WHO がん性疼痛のガイドライン(2018年改訂)では、「ラダーの順番に」が削除されました。つまり、必ず1段階目から順番に、というわけではなく、強い痛みに対しては、2段階目から開始、ということも必要、という意味。