110回 看国試 A44

44 A さん (64歳、男性) は、肺炎のため抗菌薬の投与目的で入院となった。治療開始後3日に全身の皮膚、眼瞼結膜および口腔粘膜に紅斑と水疱が出現した。バイタルサインは、体温 38.5 °C、呼吸数 24/分、脈拍 80/分、血圧 124/80 mmHg、経皮的動脈血酸素飽和度 <SpO2> 96% (room air) であった。

A さんに出現している症状から考えられる病態はどれか。

  1. 後天性表皮水疱症
  2. Sjögren <シェーグレン> 症候群
  3. 全身性エリテマトーデス
  4. Stevens-Johnson <スティーブンス・ジョンソン> 症候群

クリックして回答を見る 4. Stevens-Johnson<スティーブンス・ジョンソン>症候群 肺炎の治療目的で入院となった。現在、SpO2 96% と、肺炎症状は落ち着いているように見受けられるが、38.5℃の発熱があり、抗菌薬投与後の症状、全身の皮膚、眼瞼結膜および口腔粘膜に紅斑と水疱から、4だと思われる。 スティーヴンス・ジョンソン症候群とは、高熱(38°C以上)を伴って、発疹・発赤、やけどのような水ぶくれなどの激しい症状が、比較的短期間に全身の皮膚、口、目の粘膜にあらわれる病態。その多くは医薬品が原因と考えられているが、マイコプラズマや一部のウイルスの感染にともない発症することも知られている。 原因医薬品は、主に抗菌薬、解熱消 炎鎮痛薬、抗けいれん薬など広範囲にわたる。市販の総合感冒薬でも可能性はある。