110回 看国試 A57

57 更年期女性のホルモン補充療法によってリスクが低くなるのはどれか。

  1. 乳 癌
  2. 骨粗鬆症 
  3. 子宮体癌
  4. 静脈血栓症

クリックして回答を見る 2. 骨粗鬆症 1. 3. エストロゲン補充すると、ホルモン依存性の組織が増殖する可能性があるため、対策した上で使用されている ・乳がん ・子宮体癌 ・子宮内膜症 (対策) ・がん罹患中は禁忌 ・低用量製剤 ・経皮吸収製剤 ・エストロゲン製剤と黄体ホルモン製剤を併用 4. 静脈血栓症 エストロゲンは、血液凝固因子合成を促進するため、静脈血栓症のリスクは高くなる。 その対策として、下肢の観察やマッサージなどのケアの指導や禁煙指導が行われる。