110回 看国試 A62

62 選択的セロトニン再取り込み阻害薬 <SSRI> で正しいのはどれか。

  1. パニック障害に対して有効である。
  2. 抗コリン作用は三環系抗うつ薬よりも強い。
  3. うつ症状が改善したら使用はすぐに中止する。
  4. 抗うつ効果の評価は使用開始後3日以内に行う。

クリックして回答を見る 1. パニック障害に対して有効である。 2. 抗コリン作用は三環系抗うつ薬よりも強い。 →抗コリン作用が出るのは、三環系抗うつ薬(アセチルコリンにも作用するため) 3. うつ症状が改善したら使用はすぐに中止する。 →離脱症状の可能性があるため、漸減(徐々に少しずつ減らす) 4. 抗うつ効果の評価は使用開始後3日以内に行う。 →SSRI の治療効果の発現には時間を要する(2週間)ため、焦らずに治療に取り組むように、患者支援を行うことが大切