111回 看国試 A115

(連問)Aさん (73歳、女性)、パーキンソン病、レボドパを内服、Hoehn-Yahr ステージⅢ、要介護1

外来受診のとき、A さんは足がすくんで転びやすくなったことを主治医に相談し、レボドパ <L-dopa> を1日4回に増量して様子を見ることになった。A さんと夫は薬の副作用 <有害事象> について外来看護師に尋ねた。

115. 外来看護師が A さんと夫に説明する副作用<有害事象>の内容で正しいのはどれか。

  1. 低血糖 
  2. 体重増加 
  3. 呼吸器症状 
  4. 不随意運動

クリックして回答を見る 4. 不随意運動 レボドパは血液脳関門を通過し、脳内でドパミンに変換されることで、ドパミンを補う。 しかし、ドパミン神経が過剰に刺激されてしまうと、ジスキネジアとよばれる不随意運動(首と体幹をくねくねさせたり、手をひらひらさせる)がおこる。長期間にレボドパを服用すると、その発生リスクも高い。 対策としては、薬の内服時間や量を調節することで対策することができる。そのため、服薬時間と症状(いつ、どのような症状がでるか)を伝えることが重要である。