111回 看国試 B39

39

52 歳の女性が上腹部痛と吐血を主訴に受診し輸血を行うこととなった。 輸血時の対応で正しいのはどれか。

  1. 赤血球製剤を 30〜37 °Cで融解する。
  2. 血液型検査とクロスマッチ検査用の採血を同時に行う。
  3. クロスマッチ検査の結果を医師と看護師で確認する。
  4. 輸血開始から 15 分後にアレルギー反応の初回観察を行う。

クリックして回答を見る 3. クロスマッチ検査の結果を医師と看護師で確認する。