111回 看国試 B50

50 乳癌の患者に対する抗エストロゲン薬の副作用はどれか。

  1. 低血糖 
  2. ほてり
  3. 肺線維症
  4. 末梢神経障害

クリックして回答を見る 2. ほてり 乳がんのうち、6~7割は乳がんの発生・増殖にエストロゲンが関与している。 抗エストロゲン薬は、エストロゲンの働きを抑えることで、乳がんを抑える。 エストロゲンは、体温調節に関与しているため、 抗エストロゲン薬の副作用として、 ほてり・のぼせ・発汗など、 更年期様症状があわられやすい。 この症状の対策としては、だんだん慣れていくことを説明するが、 もし、症状が辛い場合は、主治医に伝えるように、患者に説明する。