抗悪性腫瘍剤

◆お知らせ

ブログ記事カテゴリー「抗悪性腫瘍剤」を参照

◇抗悪性腫瘍剤

◆重要なお知らせ/抗悪性腫瘍剤

  • 日本臨床腫瘍学会:「 免疫チェックポイント阻害薬〈ニボルマブ(オプジーボ)、イピリムマブ(ヤーボイ)〉などの治療を受ける患者さんへ」、2016年7月13日 (pdf)
  • 日本臨床腫瘍学会:「ニボルマブ(オプジーボ®)投与後にEGFR-TKIを使用した患者に発生した間質性肺疾患について」、2016年7月13日 (URL)
  • 日本糖尿病学会:「免疫チェックポイント阻害薬使用患者における1型糖尿病の発症に関する Recommendation」、2016年5月18日 (pdf)
  • 日本臨床腫瘍学会、日本糖尿病学会:「免疫チェックポイント阻害薬に関連した劇症1型糖尿病の発症について」、2016年1月29日 (pdf)
  • 日本臨床腫瘍学会:「ニボルマブの適正使用に関するステートメント」、2016年1月21日 (pdf)

◆ガイドライン

ガイドラインまとめ

国立がん研究センター >がん情報サービス 医療関係者向け (URL)

日本癌治療学会 (URL) >がん診療ガイドライン (URL)

がん研究振興財団:「がんの統計 ’16」(URL)

日本臨床腫瘍研究グループ (URL):「有害事象共通用語規準 v4.0日本語訳JCOG版 (CTCAE v4.0 – JCOG)」

◆最適使用推奨ガイドライン

 製品名(一般名) 疾患  通知
オプジーボ点滴静注
(ニボルマブ(遺伝子組換え))
悪性胸膜中皮腫(平成30年11月改正)
悪性黒色腫(平成30年11月改正)
胃癌(平成30年11月改正)
非小細胞肺癌(平成30年11月改正)
頭頸部癌(平成30年11月改正)
腎細胞癌(平成30年11月改正)
古典的ホジキンリンパ腫(平成30年11月改正)
平成30年11月28日一部改正(新規格の発売に伴う改正)
平成30年8月21日作成、一部改訂
平成30年5月25日一部改正
平成29年9月22日作成、一部改正
平成29年4月18日一部改正
平成29年3月24日一部改正
平成29年2月14日作成
キイトルーダ点滴静注
(ペムブロリズマブ(遺伝子組換え))
非小細胞肺癌(平成29年11月30日)
悪性黒色腫(平成29年11月30日)
古典的ホジキンリンパ腫(平成29年11月30日)
平成29年12月25日一部改正
平成29年11月30日作成、一部改正
平成29年10月17日一部改正
平成29年2月14日作成
バベンチオ点滴静注
(アベルマブ(遺伝子組換え))
メルケル細胞癌 平成29年11月21日作成
テセントリク点滴静注
(アテゾリズマブ(遺伝子組換え))
非小細胞肺癌 平成30年4月17日作成
イミフィンジ点滴静注
(デュルバルマブ(遺伝子組換え)
非小細胞肺癌 平成30年11月28日改正
平成30年8月28日作成

参照)PMDA >最適使用推進ガイドライン(医薬品) (URL)

※「最適使用推進ガイドラインの策定に伴う留意事項」も厚生労働省保険局医療課長通知として発出されるため、合わせて確認する。

◇支持療法

緩和ケア・支持療法」のページを参照

◆関連情報

国立がん研究センター (URL) >がん情報サービス (URL) 一般向け/医療関係者向け

厚生労働省 (URL) >がん対策情報 (URL)

長崎県がん対策 (URL) (作成:長崎県福祉保健部医療政策課)

長崎県がん対策情報システム (URL)

◆関連学会等

日本癌学会 (URL)

日本癌治療学会 (URL)

日本臨床腫瘍学会 (URL)

日本緩和医療学会 (URL)

日本緩和医療薬学会 (URL)

がん研究振興財団 (URL) ※患者向けパンフレットの PDF データ有

日本対がん協会(URL

◆専門薬剤師

がん薬物療法認定薬剤師(認定機関:日本病院薬剤師会)

緩和薬物療法認定薬剤師(認定機関:日本緩和医療薬学会)

◆参考資料

サバイバーシップ (URL) (作成:静岡県立静岡がんセンター/大鵬薬品工業株式会社)

静岡がんセンター (URL) >Web版がんよろず相談 Q&A (URL)

製薬企業のページ

小野薬品工業(株)(URL):「オプジーボ.jp」 (URL)